Media Graphics Institute Inc.
ESSAY




アートディレクター・エッセイ
アートディレクターとは何か?
学校で講師をやってみて
Web Site制作の仕事の流れ
インターネットが使えなかった大変な1日
ブランド・アイデンティティーとは何か?(ブランド戦略)

手間ヒマかけずに儲かるネット通販マニュアル
はじめに
実際にネット通販で儲かっているサイトはあるのか?
高価な物でも売れる事実と安い物でも売れない事実
 1. マーケティング理論
 2. AIDMAの法則(アイドマの法則/AIDMAモデル)
 3. デザイン、イメージ戦略
 4. 実際のところどうであるか


MdNから発売の書籍『2005年版WEB制作会社総覧』231ページで当社が紹介されました♪





file No.004 高価な物でも売れる事実と安い物でも売れない事実
2.AIDMAの法則(アイドマの法則/AIDMAモデル)

 AIDMA(アイドマ)の法則とは、Attention(注意)→ Interest(関心)→ Desire(欲求)→ Memory(記憶)→ Action(行動)の頭文字を取ったもので、アメリカのローランド・ホールが提唱した「消費行動」の仮説である。商売の基本で消費者の心理的プロセス・モデルです。
 消費者があるモノを知り、それから買うと言う行動に至るまでのプロセスでコミュニケーションの反応プロセスのひとつです。ここでは反応プロセスのなかでも最も有名な「AIDMAの法則」について簡単に説明します。

AIDMAモデル
認知段階
:Attention(注意)
感情情段
:Interest(興味、関心)
:Desire(欲求)
:Memory(記憶)
行動段階
:Action(行動)

 AIDMAモデルは大きく別けて3つ「認知段階」「感情段階」「行動段階」のプロセスに別れます。例えばダイエット食品があるとしましょう。
 「認知段階」は消費者が「このダイエット食品は効果が高い」「このダイエット食品は有名なタレントさんが使っている」「テレビで特集されていた」などを知るという段階である。
 「感情段階」は「好きか嫌いか」「使ってみたい」など気持ちを判断する段階です。
 「行動段階」は行動をする段階で、ズバリ「買う」「使う」という段階です。

 次にもっと細かく見ると、そのダイエット食品(商品)を知らない消費者に呼びかけ注意(Attention)を引き知ってもらい、その商品に興味をもてば感心(Interest)の段階へ進み、良いなとか使ってみたいなと思えば欲求(Desire)の段階へ進み、そのときの欲求が強ければ強い程に記憶(Memory)され、後日買い物に行った時やインターネットでその商品を見つけた時に記憶が甦らされ、その商品を買えば最後に行動(Action)に移ったということになる。このようなプロセスを段階に別け、その段階ごとに段階に合ったマーケティング戦略を考えるモデルです。

 近年では「AIDMAモデル」意外にプロモーション戦略に活用されているもので、「AIDA(アイダ)モデル」「AIDCA(アイドカ)モデル」「AIDAS(アイダス)モデル」があります。


AIDAモデル
AIDCAモデル
AIDASモデル
:Attention(注意) :Attention(注意) :Attention(注意)
:Interest(興味、関心) :Interest(興味、関心) :Interest(興味、関心)
:Desire(欲求) :Desire(欲求) :Desire(欲求)
:Action(行動) :Conviction(確信) :Action(行動)
. :Action(行動) :Satisfaction(満足)


1. マーケティング理論
2. AIDMAの法則(アイドマの法則/AIDMAモデル)
3. デザイン、イメージ戦略
4. 実際のところどうであるか




Google

「AIDMA」関連書籍のご紹介
書籍 心を動かす「AIDMA(アイドマ)式」文章術―広告手法を応用すれば文章イキイキ(1997/12)
著 者:深川 英雄、樋口 明仁
出版社:日本実業出版社 価格:¥1,300
単行本(ソフトカバー):225p サイズ:182×128mm

AIDMA(アイドマ)は購買へ導くための広告界の原則でAttention、Interest、Desire、Memory、Actionの頭文字。それを応用してイキイキと説得力のある文を書く方法。
< 目次 >
 1.AIDMA式文章術とは
 2.Attention―まず読んでもらうための七つの方法
 3.Interest―興味をいだかせるための七つの方法
 4.Desire―相手の心を動かすための七つの方法
 5.Memory―記憶に強く残すための七つの方法
 6.Action―相手を行動へとうながすための五つの方法
ゼッタイ買ってもらえるセールストークの急所―お客様の心は"AIDMA’S"でつかめる (1999/09)
著 者:内田 昭雄
出版社:大和出版 価格:¥1,400
単行本(ソフトカバー):190p サイズ:182×128mm

アポイントから受注までの過程をどう組み立てていくか。印象を深めるアプローチブックの作り方から顧客をつかむフォローのポイントまで、お客様に必ず納得してもらえるセールストークの要を伝授。
< 目次 >
 1.プロローグ お客の購買心理がわかればセールスは成功する
 2.第1章 セールスは「注目」から始まる―Attention
 3.第2章 相手の興味をかきたてる―Interest
 4.第3章 相手に欲求を起こさせる―Desire
 5.第4章 相手の記憶に留めてもらう―Memory
 6.第5章 成約にこぎつける―Action
 7.第6章 顧客満足度を高める―Satisfaction



Top page
All Rights Reserved, Copyright (C) 2001-2005 Media Graphics Institute Inc. 
[ ↑_TOP | NEWS | WORK | ESSAY | PROFILE | CONTACT ]