Media Graphics Institute Inc.
ESSAY




アートディレクター・エッセイ
アートディレクターとは何か?
学校で講師をやってみて
Web Site制作の仕事の流れ
インターネットが使えなかった大変な1日
ブランド・アイデンティティーとは何か?(ブランド戦略)

手間ヒマかけずに儲かるネット通販マニュアル
はじめに
実際にネット通販で儲かっているサイトはあるのか?
高価な物でも売れる事実と安い物でも売れない事実
 1. マーケティング理論
 2. AIDMAの法則(アイドマの法則/AIDMAモデル)
 3. デザイン、イメージ戦略
 4. 実際のところどうであるか


MdNから発売の書籍『2005年版WEB制作会社総覧』231ページで当社が紹介されました♪





file No.002 実際にネット通販で儲かっているサイトはあるのか

 まず、「実際にネット通販で儲かっているサイトはあるのか」という問いに対し結論から言うと「儲かっているサイトはあります」。それにごく少数ですが、かなり儲かっているサイトがあるのも事実です。しかし、それとは逆にまったく儲かっていないサイトがほとんどなのが悲しいが現状です。

 2〜3年前からインターネット・ビジネスやITという言葉が世間一般に広まり、誰もが聞いたことがあり興味を持っている方も多いです。
しかし、ほとんどの方は実際に何も分からず、どうすれば良いのか、どう活用すれば良いのか、どんなメリットがあるのかも分からず手探り状態で携わっている方が多いのが現状です。
 インターネット・ビジネスの中で比較的簡単で誰でもはじめられる商売は、物品を売買するインターネット通販です。簡単にできるからということで、ここ数年で大小や形態は様々ですがインターネット・ショップ(商店)は星の数ほど増え続けていますが、しかし「実際に儲かっているのだろうか?」と疑問に思う人は多いでしょう。実はそんなに儲かるものではありませんし、ほとんどのショップは儲かっていないのが現状です。そして、それとは逆に氷山の一角ほどですが儲かっているショップが存在していることも事実です。
 「儲かるショップ」は儲かる為の仕組み(システム)や要因があります。売るものや販売システムなどにより格差がありますが「儲からないショップ」には儲からないなりの要因もあります。
 当マニュアルでは、どうすれば少しでも「手間ヒマをかけず」に「儲かるネット通販」をテーマに自らが実際に実験し研究した結果を元にして、そこらにあるハウツー本とは違って生の情報を紹介していきます。

 よく市販の書籍などで言われている「とにかくアクセスを増やせば売上があがる!」とか「BBS(掲示板)を付けなくてはいけない」「特殊なものや入手困難なプレミアのついたものは売れる」など実際はどうなのであるかを検証していきます。

 最近、色々な経営者の方々とお話する機会があり、話を聞いてみると「やりたいのだが、どうしたらいいのか分からない」とか「興味があるが今一歩踏み出せない」とかいうことをよく耳にします。それにショップ・オーナー(経営者)の方々からは「どうしたら売上が上がるか分からない」とか「はじめたものの全然儲からないし、売れるノウハウが欲しい」などと言う声も多いです。

 失敗している例として、まったく何かも分からず知識も無く、周りがやっているから、ITブーム乗り遅れるのも恥ずかしいし、とかいう安易な考えで、システム業者やホームページ制作会社、ウェブデザイナーなどにまんまと騙され高いコストを払わされ何の意味も持たないただそこにあるだけのホームページを納品され、「これでうちもITビジネスの仲間入りだ!」と喜ぶ企業が多いのです。しかし、後になりほとんど効果が無い(売れない・意味が無い)ことに気がつき後悔するのです。
 そんな失敗や後悔をできるだけ少なくすることに当マニュアルを読み役立ててください。日々勉強、それに努力です。そして、かなり儲かるサイトを目差して頑張りましょう。








Top page
All Rights Reserved, Copyright (C) 2001-2005 Media Graphics Institute Inc. 
[ ↑_TOP | NEWS | WORK | ESSAY | PROFILE | CONTACT ]