Media Graphics Institute Inc.
ESSAY




アートディレクター・エッセイ
アートディレクターとは何か?
学校で講師をやってみて
Web Site制作の仕事の流れ
インターネットが使えなかった大変な1日
ブランド・アイデンティティーとは何か?(ブランド戦略)

手間ヒマかけずに儲かるネット通販マニュアル
はじめに
実際にネット通販で儲かっているサイトはあるのか?
高価な物でも売れる事実と安い物でも売れない事実
 1. マーケティング理論
 2. AIDMAの法則(アイドマの法則/AIDMAモデル)
 3. デザイン、イメージ戦略
 4. 実際のところどうであるか


MdNから発売の書籍『2005年版WEB制作会社総覧』231ページで当社が紹介されました♪



file No.004 インターネットが使えなかった大変な1日

 ある夜のことである。
 月の一番最後の日で、その日は徹夜してでも片付けなければならない仕事が幾つかあった夜、それは突然起こりました。それはインターネットが突然まったく繋がらなくなりました。
 それでその時は、まぁそのうち繋がるだろうと思いつつ仕事を続けていました。そして仕事をやりつつ何度か接続を試みましたが、繋がる気配がありませんでした。それからが地獄のはじまりです・・・。

 はじめに簡単にネット環境からお話しすることにします。
 まず通信回線はADSLを使っています。そして、回線を引いたときは事務所近辺のエリアでは1番早くに申し込みをしたので、1番目でした。そして回線の工事のときは、担当営業の方と部長クラスの方もわざわざで来て回線の工事を見守っていました。そして無事回線工事が終わり、試しにブラウザーを開きホームページにアクセスしてみるとやっぱりADSLは速かったです。
 それでから事務所は副数台コンピューターがあるので、ADSL回線からルーターに接続し、そこからハブへ接続し、そしてすべてコンピューターからイーサーネットLANでハブに接続して、全コンピューターから同時にインターネット接続できるようにしています。
 そして、ネット関連の仕事をやっていますのでWindowsマシンとMac(マッキントッシュ)マシンの両方を使い分けて仕事をしています。あと、NTT DoCoMo社製のシグマリオン2(Handheld PC)というミニ・ノートPCもLAN接続し使っています。そして、このエッセイもそのシグマリオン2を使い電車での移動のときや空き時間にちょこちょこと打ち込んで書いています。
 簡単に説明するとこんな感じの環境で仕事をしています。

そして本題の大変な出来事があった日のことですが、まずルーターがおかしいのでは無いだろうかと思いルーターにアクセスしてみることにしました。しかし、何度やっても同じでルーターにアクセスすることができませんでした。おかしいのでコンピューターを何度か再起動したり、接続機器全ての電源を一度落としてから、また起動してみたりしましたがダメでした。それで次の考えられる原因はと考え、LANケーブルが壊れていないかどうかチェックすることにしました。ケーブルを繋ぎ変えてからコンピューターを再起動したりしましたがそれでも全然ダメでした。
そして次に思い切ってルーターの設定が全て消えるのを覚悟して、ルーターを出荷時の状態に戻すためルーターの初期化を試みましたが、しかし初期化すらできなかったのです。この時点でルーターが死んでいることが判明しました。ガーンって感じですね。その時はまだ夜中の3時頃でしたから、どうすることもできませんでした。もうルーターはあきらめるとにしました。
 次にネット接続ができる方法を考えました。そして、すぐにADSLのモデムからMacに直結し、ADSLの接続用アプリケーションソフトを使い繋いでみることにしました。まずはソフトをインストールし、接続用のIDやパスワードを入力し設定をしました。そして接続してみると、すんなりIDやパスワードの認証がされこれでバッチリだと思い一瞬喜びましたが、その喜びもつかの間でメールチェックやブラウザーでインターネットにアクセスを試みましたが全くダメでした。ガックリきましたがとりあえずマシンを再起動させてリトライしてみましたが、またダメでした。おかしいと思いつつ、ネットに繋がらないのでソフトの新しいバージョンもダウンロードできないし、エラー等の情報を入手しようと思いましたが、ネットに繋がらない以上手段がありませんでした。それにルーターのメーカーやプロバイダーに電話しようにもまだ夜中なのでユーザーサポートの受付もやっていません。
 そして残るは最後の手段・・・WindowsマシンをADSLモデムに直結し、ADSL接続用アプリケーションソフトを使い繋いでみることのみでした。早速やってみました。すると問題なくネット接続することができました。ようやくホットしましたが、そろそろ出かけなくてはならない時間が近付いてきていました。とりあえずホームページ更新の仕事がありましたので、FTPでサーバーへデータをアップさせなければなりませんでしたが、制作したデータはMacで作っていてWindowsマシンへデータを移すのにMacがネットに繋がらないのでメールやFTPが使えなく、ファイルサーバーも設置していなかったので仕方なく、年に1度使うかどうか分からない程使っていないフロッピーディスクで制作データを移すことにしました。そんなこんなでやっと仕事を片付けることができました。そのとき久し振りにフロッピーディスクを使いましたがやっぱり遅いですね。
 そして朝になりプロバイダーに電話してみるとMacの接続用アプリケーションソフトはバージョンが新しいものでないと接続できませんと言われました。とりあえずそのソフトの最新バージョンのCD-ROMを念の為に送ってもらうことにしました。それとあとルーターの販売メーカーに問い合わせルーターが故障していると言ったのですが、「お伺いして調べさせて貰います」と言われました。そして込んでいて来れるのは1週間ぐらいかかると言われましたが、それでは困るので当日に無理矢理でも来てもらうようにしました。その日は打ち合わせが何件かあるから一番最終で来てもらうようにし、そして来る前に電話をもらうように約束し、それから打ち合わせへスグに出かけました。

 それから打ち合わせが終わりやっと事務所へ戻り、しばらくすると電話がかかりルーターの販売メーカー来てテストしてもらいましたが、はじめの電話で言った通りADSLモデムは問題ないがルーターが壊れていました。当たり前です。自ら徹夜で色々テストしたのですから・・・。壊れていると言われてもそれからどうしようもないので、修理と台替え機をお願いしますと言うと修理は販売店へ持って行ってくださいと言われ、台替え機も無いと言われました。その頃もう夜の7時を過ぎていました。ルーターが無いと全然仕事にならないので、とりあえず勿体無いが新品のルーターを買うことにしました。そして壊れているルーターはメーカー保証期間内でしたので急いで保証書とその商品の領収証を探してスグ日本橋のソフマップまで行くことにしました。ルーターを買ったのがソフマップで良かったです。なんせ夜8時までやっているのですから。
 そしてスグに事務所を出てタクシーを捕まえソフマップへ向かいました。そしてまっ先に修理の受付へ行き壊れたルーターを修理へ出し、新品のルーターを買って帰りました。それから壊れたルーターの修理が終わり宅急便にて帰って来たのは何週間か後の事でした。

 本当に散々な1日でしたが、インターネットが無くてはならないぐらい自分の仕事にとって大切なものなのだと痛感しました。









Top page
All Rights Reserved, Copyright (C) 2001-2005 Media Graphics Institute Inc. 
[ ↑_TOP | NEWS | WORK | ESSAY | PROFILE | CONTACT ]